1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 医療
  4. 医療費助成制度
  5. 重度障害者医療費助成制度
  1. HOME
  2. 健康・福祉・介護・医療
  3. 医療
  4. 重度障害者医療費助成制度
重度障害者医療費助成制度 健康づくり課      2016年9月5日
障害者が生き生きと暮らせる環境づくり推進のため福祉の増進を図ることを目的とし、重度障害者に対し、医療費の助成を行っています。


対象となる方は
・3歳以上の方(3歳〜小学校6年生の方は、子ども医療証の使用を選択することもできます。)

・みやま市に居住し、住民基本台帳に記載されている方

・国民健康保険または、社会保険等に加入している方
(65歳以上は後期高齢者医療制度の被保険者に限る)


<障害程度要件> ※いずれかに該当
・身体障害者手帳(1・2級)
・知的障害者(IQ35以下)
・精神障害者保健福祉手帳1級
・身体障害者手帳3級かつIQ50以下である方

<その他の要件>
・生活保護を受けていないこと
・福祉施設(医療費が措置される施設に限る)に入所していないこと
・中国残留邦人等の円滑な帰国の推進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律により医療支援給付を受けていないこと

自己負担金について

入院
外来
3歳(3歳に達する日の属する月の翌月1日)〜小学校6年生(12歳に達した後の最初の3月31日)まで
1日あたり500円
(月7日限度)
月500円限度
中学1年生〜65歳未満(満65歳の誕生月の月末まで)
(※ただし1日生まれの場合は前月末まで)
1日あたり500円
(月20日限度)
※精神病床への入院にかかる費用は対象外
月500円限度
65歳以上(65歳に達した月の翌月1日から、または後期高齢者医療保険の加入日から)
1日あたり500円
(月20日限度)
※精神病床への入院にかかる費用は対象外
無料
※いずれも1医療機関ごとの負担となります。
※薬局での自己負担はありません。
※予防接種、文書料、入院の際の食事代や部屋代、その他保険適用外の自己負担分については助成の対象外となります。

所得制限限度額
扶養親族等の数
本人
配偶者及び扶養義務者
所得額(単位:万円)
所得額(単位:万円)
0人
360.4
628.7
1人
398.4
653.6
2人
436.4
674.9
3人
474.4
696.2
4人
512.4
717.5
5人
550.4
738.8
以降1人につき
38.0加算
21.3加算
※扶養親族等の状況によって別途加算や控除があります。
※扶養義務者とは、住民票が同一かどうかや税法上の扶養関係の有無等に関わらず、同一家屋に居住する親・祖父母・曽祖父母・兄弟姉妹・子・孫・曽孫をいいます。

手続きについて
この制度で助成を受けるためには、『重度障害者医療証』が必要となります。
医療証は、みやま市役所 健康づくり課 医療係もしくは、高田・山川各支所市民サービス係でお作りいただけます。

<申請に必要なもの>
・保険証
・印鑑
・障害者手帳など障害の程度がわかるもの
・本人かつ扶養義務者の所得金額のわかる書類(所得課税証明書・源泉徴収票など)

医療証の使い方
福岡県内の医療機関等を受診される際、『保険証』と『重度障害者医療証』を提示することにより、自己負担が軽減されます。
福岡県外もしくは、他の公費を使用して受診される場合、医療証は使えませんので、一度保険証のみで受診され、後日下記のものを持参して医療費の払い戻しの手続きをしてください。

<払い戻しに必要なもの>
・領収書
・重度障害者医療証
・保険証
・印鑑
・振込みを希望される通帳

届出が必要な場合
◎保険証や住所に変更があった場合
◎生活保護を受給した場合
◎暴力行為や交通事故など、第3者行為によるケガをした場合


【お問い合わせ】
みやま市役所 健康づくり課 医療係
〒835−8601
福岡県みやま市瀬高町小川5番地
пF0944−64−1527