1. HOME
  2. 子育て・教育
  3. 子育て
  4. 乳幼児健診・予防接種
  5. 子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の一時停止について
  1. HOME
  2. 健康・福祉・介護・医療
  3. 病院・予防接種
  4. 子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の一時停止について
子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の一時停止について 介護健康課   2013年6月28日
 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から予防接種法に基づく予防接種(定期接種)として実施していますが、
 平成25年6月14日に第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会 平成25年度第2回薬事・食品
 衛生審議会医薬品等安全対策部安全対策調査会(合同会議)」が開催され、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係
 を否定できない持続的な疼痛がみられたことから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の積極的な
 勧奨を控えることになりました。

 接種を希望される方は、定期接種として接種できますが、接種に当たっては、有効性とリスクを十分理解したうえで
 接種していただきますようお願いいたします。

厚生労働省ホームページ
添付ファイル
リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」.pdfを開く,又は保存する リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」.pdf
(PDF ファイル:1411.9KB)


  • AcrobatReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方は、アイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。