児童手当 子ども子育て課   
児童手当について

*児童手当とは・・・

平成24年4月から新しい児童手当制度がはじまりました。
児童手当は児童を養育している保護者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う子どもの健やかな成長に資することを目的としています。



*児童手当を受けられる人

児童手当は、日本国内に住所があって、中学校終了前(15歳到達後の最初の3月31日)までの児童を養育している人に支給されます。

※児童が児童養護施設等に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として施設の設置者や里親などに支給します。
※原則として、児童が日本国内に住んでいる場合に支給します。(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります)



*手当の月額(平成24年4月〜)

児童手当の額(1人あたり月額)
児童の年齢
児童手当の月額
3歳未満
一律15,000円
3歳以降小学校終了前
10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生
一律10,000円

※受給者の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。(所得制限については次項参照)
※第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。



*所得制限限度額

平成24年6月以降の手当より、所得制限が設けられました。所得制限限度額は前年(1月から5月までの申請については前々年)の所得額で判定します。
扶養親族等及び児童の数 所得制限限度額

0人 6,220,000円
1人 6,600,000円
2人 6,980,000円
3人 7,360,000円
以降1人につき 380,000円加算

※老人控除対象配偶者又は老人扶養親族がある場合は1人につき60,000円加算



*手当の支給

児童手当の支給は、認定請求をした日の属する月の翌月から開始され、支給事由の消滅した日の属する月分で終わります。なお、手当は原則として年3回(2月、6月、10月)各支給月の前月分までを支給します。



*手当を受ける手続き(15日以内に申請を!)

認定請求に基づいて支給しますので、出生・転入等により受給資格が生じた場合は、子ども子育て課窓口もしくは各支所市民サービス係窓口にて請求の手続きをしてください。(公務員は所属庁に申請)



*児童手当の認定請求に必要なもの

@印鑑(スタンプ式の印鑑は不可)
A請求者・配偶者・児童の健康保険証または年金加入証明書(写し可)
B請求者名義の口座番号がわかる通帳またはキャッシュカード
C・前年の1月1日にみやま市に住所がない方(1月〜5月分の認定)…前年度(前々年分)所得課税証明書※例:平成29年5月分(4月申請)〜の場合、平成28年度(平成27年分)所得課税証明書
 ・その年の1月1日にみやま市に住所がない方(6月〜12月分の認定)…今年度(前年分)所得課税証明書※例:平成29年6月分(5月申請)〜の場合、平成29年度(平成28年分)所得課税証明書
D請求者と児童が別居している場合は、児童の属する世帯全員の本籍・続柄の記載がある住民票
E請求者と配偶者の個人番号カードまたは通知カード
F来所者の身元確認書類(運転免許証等写真つきであれば1点)

※その他、必要に応じて提出いただく書類があります。詳しくはお問い合わせください。



*このような場合は届出が必要です

1.他の市町村に住所が変わるとき
2.出生・死亡などにより児童手当の額が増額・減額されるとき
3.受給者が公務員になったとき
4.みやま市内で住所が変わったとき
5.受給者または児童の名前が変わったとき
6.振込先の口座を変更したいとき(受給者名義に限る)



*児童手当の寄附について

児童手当の全部または一部の支給を受けずに、これをお住まいの市町村に寄附し、子ども・子育て支援の事業に生かしてほしいという方には寄附を行う手続きができます。ご関心のある方はお問い合わせください。