1. HOME
  2. 子育て・教育
  3. 教育
  4. 学校再編
  5. 市立小中学校の適正規模・適正配置
市立小中学校の適正規模・適正配置 学校教育課   

統合時期の見直しについて 学校教育課   2014年8月21日
〜統合時期を見直しました〜

 教育委員会では平成25年11月15日、平成23年9月に策定した「市立小中学校再編計画」における統合校の開校時期の見直しを決定しました。

 飯江小・竹海小・山川東部小・山川南部小の平成26年統合を皮切りに、市内15小学校、4中学校を最終的に市内6小学校・3中学校に年次計画で再編する計画でした。しかし、統合小学校の建設場所や統合時期などの問題で、飯江小・竹海小・山川東部小・山川南部小の統合は2年遅れになり、他の小中学校においても計画通りに進めることが難しくなりました。
 教育委員会では、これまでの経過を踏まえ、今後の統合を当初の計画時期で進めることは難しいと判断し、前述4校の統合を平成28年4月に変更、それ以外の統合については対象校の枠組みはそのままで開校時期を状況に応じて定めていくこととしました。


統合グループ
当初計画
見直し
飯江小
竹海小
山川東部小
山川南部小
平成26年4月
平成28年4月
下庄小
上庄小
本郷小
平成27年4月
今後状況に応じて定める
瀬高中
東山中
平成28年4月
今後状況に応じて定める
清水小
水上小
平成29年4月
今後状況に応じて定める
江浦小
開小
二川小
岩田小
平成31年度以降
今後状況に応じて定める