江浦八幡神社粥占い   
粥占の様子
江浦八幡神社粥占い(粥占御試祭)
えのうらはちまんじんじゃかゆうらない(かゆうらないおんためしさい)

所在地 みやま市高田町江浦(江浦八幡神社)

市指定無形民俗文化財
平成9年2月24日指定

元旦に神前に奉納された米を1月15日に粥として炊き、方位を印した銅鍋に入れ、神殿内に1か月間安置する。
2月15日には、粥に発生した「カビ」の色や形状でその年の気象や農作物の作柄を予測する。