海津御田植祭   
画像:海津御田植祭
海津御田植祭
かいづおんたうえさい

所在地 みやま市高田町海津(海津阿蘇神社)

市指定無形民俗文化財
平成10年2月23日指定

朝鮮の役に出兵した柳川藩家老小野和泉守は、阿蘇神社(古川の早鷹)にお礼言上参拝した。
その後、元和8年(1622年)海津北阿蘇田の現在地に社殿並びに神田を献納し、感謝の辞を捧げた。
この祭は豊作祈願のため興ったものと思われる。
この神事は神田の田植えを奉仕するに当って、初春から心構えに始まり、耕地、種まき、苗作り、早乙女の田植えと秋に五穀豊穣を祈り奉納される。