1. HOME
  2. 市政情報
  3. 広報・広聴
  4. 広報紙
  5. まちのわだい(Web版)
まちのわだい(Web版) 秘書広報課   
みやま市内でのイベントや出来事などを、写真を中心に紹介します。

※写真などの無断転載はご遠慮ください。

臼かぶり(うすかぶり)   
豪快に臼をかぶる
1月14日、高田町江浦町 二の丸・吉原地区の伝統行事「臼かぶり」が行われました。
無病息災や五穀豊穣、火災よけを祈願する行事で、締め込み姿の男衆が臼をかぶり、豪快に放り投げます。
沿道には、地域の皆さんや見物客が大勢集まり、地区内の臼を次々にかぶっていく男衆に、大きな声援と拍手が送られました。

成人式   
式典の様子
成人代表挨拶
司会者
ロビーで歓談する出席者
みやま市成人式が、1月7日、まいピア高田で行われました。
今年の新成人は384人(男性201人、女性183人)です。

市技能功労者表彰式   
画像:技能功労者表彰
12月18日、みやま市技能功労者表彰式が市役所で行われました。
この賞は、永年にわたり同一職種に従事し、技能練磨や後進育成を通じて市の産業発展に寄与した技能者に贈られます。
表彰式で市長は「市の産業の発展へのご尽力に感謝いたします」と受賞された方々をたたえました。
【受賞者】
鳥井幹夫さん(パン製造業46年)、河村久男さん(機械工48年)、筒井正穂さん(花火製造業52年)

柳川警察署から感謝状贈呈   
画像:柳川警察署より感謝状
電子マネーを利用したニセ電話詐欺を未然に防いだとして、堺真美さんと坂井寿さん(ともに高田町)に、12月18日、柳川警察署長から感謝状が贈られました。
二人は勤務先であるローソンみやま高田町店で、携帯電話で話しながら店内設置端末を操作している女性に声を掛け、警察への通報を促して詐欺を防ぎました。
二人は「テレビのようなことが身近で起こって、とてもびっくりしました。少しでも変だと思ったら、これからも勇気を持って、積極的に声掛けをしていこうと思います。詐欺を防ぐことができてよかったです」と話されました。

4支館交流ペタンク大会   
画像:支館交流ペタンク
12月17日、桜舞館小学校でみやま市公民館4支館交流ペタンク大会が行われました。
山川南部、山川東部、飯江、竹海の各支館から合わせて約120人が参加。
桜舞館小学校区初の4支館交流で会場は盛り上がりました。
熱戦が繰り広げられ、山川南部Dチームが優勝しました。

上庄西新町区避難訓練   
画像:上庄避難訓練
12月16日、上庄西新町区で避難訓練が行われました。
この訓練は福岡県の「個別避難支援計画策定促進事業」を活用して行われ、約100人が参加し、いざというときの適切な避難行動と自主防災活動の重要性を確認しました。

オリンピック事前キャンプ実施に係る基本合意書調印式   
画像:オリンピック事前キャンプ調印
オセアニアの15の国と地域が、2020年東京オリンピックに向けた事前キャンプをみやま市、柳川市、みやこ町、築上町の4市町で行うことが決まり、12月14日、福岡市内で調印式が行われました。
これに先立ちオセアニアオリンピック委員会の代表団の皆さんは5月に県営筑後広域公園プール(瀬高町本郷)と同公園体育館を視察に訪れています。
調印式で市長は「みやま市は市民のスポーツ意識がとても高い地域です。オセアニアの皆様を心から歓迎いたします。」とあいさつをしました。

全国納税貯蓄組合連合会・国税庁主催作文コンクール   
画像:税の作文コンクール表彰
全国納税貯蓄組合連合会並びに国税庁が主催する中学生の「税についての作文」で、市内の中学生5人が入賞しました。
受賞者は次のとおりです。

みやま市長賞=吉開花蓮さん(山川中3年)
みやま市教育長賞=北嶋志穂さん(山川中3年)
福岡県納税貯蓄組合連合会会長賞=壇果津綺さん(瀬高中3年)
大牟田税務署管内納税貯蓄組合連合会会長賞=松本萌花さん(瀬高中3年)・坂口彰さん(高田中3年)

高齢者福祉功労者知事表彰   
画像:高齢者福祉知事表彰
12月12日、市老人クラブ連合会副会長兼女性部長の大竹信子さんが市役所を訪れ、高齢者福祉功労者知事表彰を受けたことを報告されました。
大竹さんは平成15年以降、役員を歴任され、県老人クラブ連合会副会長なども務められています。

第11回みやま市民駅伝大会   
市民駅伝1
12月10日、市民駅伝大会が保健医療経営大学で開催され、98チーム約500人が参加しました。
各部門の優勝チームは次のとおりです。

小学生男子:山川ミニバスケットボールクラブA
小学生女子:みやまクイーンズA
中学生男子:筑後リバーズ球団A
中学生女子:瀬高中女子バスケットA
一般:赤兎A
楽走:水上第2分団
市民駅伝2

江浦放課後児童クラブみかん狩り収穫体験   
画像:江浦放課後児童クラブみかん狩り
12月9日、山川町のみかん農園で江浦放課後児童クラブのみかん狩り体験が行われ、児童10人と支援員2人が参加しました。
農園の所有者の柿原さんにご指導いただいてみかんを収穫。
児童たちはとれたてのみかんをおいしくいただき、貴重な体験を楽しみました。

みかんを寄贈   
画像:みかん贈呈
12月9日、森勇次郎さん(瀬高町大草)が、市内の福祉施設6カ所にみかん計100箱を寄贈しました。
みかんは、森さんと市ボランティア連絡協議会の皆さんが協力して収穫したものです。
森さんは「皆さんで食べていただければ嬉しいです」と話されました。

開小学校LED工作教室   
画像:ランタン作り
12月8日、市のエネルギー政策の一環で、開小学校6年生のLED工作教室が行われました。
児童たちは好きな色のLEDを選びランタン作りに挑戦。
LEDの特徴など省エネルギーを学びながら、きれいなランタンを完成させました。

保健推進員会先進地視察研修   
保健推進員視察研修
12月5日、市保健推進員会の視察研修が熊本県上益城郡御船町で行われました。
御船町の災害の状況報告や推進員同士の意見交換などが行われ、御船町の健康づくりへの取り組みについて多数の質問が出されました。
みやま市の保健推進にとって貴重な機会となりました。

株式会社柿原組が車いす寄贈   
画像:車いすを贈呈
株式会社柿原組より車いす10台が市に寄贈され、12月4日、贈呈式が市役所で行われました。
市長は「ありがとうございます。市の社会福祉施策に役立たせていただきます」と感謝のことばを述べました。
寄贈された車いすは市役所や公民館などの公共施設に設置されます。

人権啓発講演会   
画像:神戸さんによる講演
12月3日、人権啓発講演会がまいピア高田で開催されました。
人権擁護委員による人権劇のほか、RKB毎日放送報道制作局東京報道部長・神戸金史氏の自らの体験に基づく講演「障害を持つ息子へ〜息子よ。そのままで、いい。〜」が行われ、参加者は熱心に聴き入っていました。

二川放課後児童クラブで『子ども大工教室』   
画像:大工教室
12月2日、みやま市をはじめ福岡・熊本の工務店などでつくる「人にやさしい家を考える会」が二川小学校で『子ども大工教室』を開催しました。
同校の児童たちが、地元の大工さんたちから手ほどきを受けながらオリジナルの椅子を作りました。
また、棟上げも体験。
児童たちは「最初は不安だったけど、優しく教えてくれてとても楽しかった」「難しかったけど、のこぎりを使うのが楽しかった」など笑顔で話してくれました。

みなみ子ども広場「餅つき大会」   
画像:南子ども広場餅つき大会
12月2日、みなみ子ども広場「餅つき大会」が瀬高農村環境改善センターで行われ、子どもたちや地域の人たちがきねを振るい、餅つきを楽しみました。
餅つき後、子どもたちが楠寿園を訪問し、入所者の皆さんにお餅をプレゼントしました。

スポーツ推進委員表彰   
画像:賞状を手にする藤吉さん
スポーツ推進委員の藤吉豊子さんが全国スポーツ推進委員研究協議会から表彰を受けられ、12月1日、市長に報告されました。
藤吉さんは昭和61年からスポーツ推進委員を務められており、長年にわたる地域スポーツ推進への貢献が認められての表彰です。

『食育の日』啓発事業   
画像:食育PRイベント
11月30日、市食生活改善推進協議会の皆さんが『道の駅みやま』でみやま産の野菜を使った料理の試食会を行いました。
メニューは「ほうれん草のピーナッツ和え」「里芋のごま味噌からめ」「まるごと大根もち」と「塩分0.7%の具たくさんみそ汁」。
どれもおいしいと、大好評でした。

瀬高ライオンズクラブがロビーチェアを寄贈   
画像:ライオンズクラブより贈呈
瀬高ライオンズクラブよりロビーチェアー4脚が市へ寄贈され、贈呈式が11月28日、市役所で行われました。
市長は「窓口サービスの向上につながるよう有効に活用させていただきます。ありがとうございました」とお礼を述べました。
寄贈されたロビーチェアーは市役所2階ロビーに設置されています。

みやま市総合市民センター(仮称)建設設計業務が株式会社日本設計に決定   
画像:市民センタープロポーザル選定結果報告
11月28日、みやま市総合市民センター(仮称)建設設計業務プロポーザル選定委員会の日高圭一郎委員長(九州産業大学教授)が市長に選定結果報告書を提出。
「歴史」「風土」「共創」の3つのコンセプトを提案した株式会社日本設計九州支社が最優秀者に決定しました。

人権週間街頭啓発   
画像:人権週間街頭啓発
12月4日〜10日の人権週間を前に、11月28日、『道の駅みやま』など市内4カ所で街頭啓発が行われ、人権擁護委員や身体障がい者福祉協会のみなさんが買い物客などに啓発のチラシやボールペンなどを手渡し、人権の大切さを呼びかけました。

まるごとみやま秋穫祭   
多くの人でにぎわった会場
みやまの農産物
あいさつチャンピオン
ひょっとこ踊り
浅野孝已とフラガールズ
越前がに
肝付町の黒毛和牛
豊後大野市の軍鶏
いちき串木野市ポンカレー
第7回まるごとみやま秋穫祭(しゅうかくさい)が、11月25日・26日開催されました。
農産物やスイーツ、連携市町の特産品も並び、また、多彩なステージイベントも行われ、多くの人でにぎわいました。

第11回子ども会カルタ大会   
画像:子ども会カルタ大会
11月26日、市子ども会育成連絡協議会が毎年実施している子ども会カルタ大会がまいピア高田で行われました。36チームが参加し、熱戦を繰り広げました。
大会結果は次のとおりです。
優勝=岩田パープル、準優勝=岩田ブラック、3位=下庄フラワーズ

第15回長田の大銀杏黄葉祭り   
銀杏まつり子どもみこし
11月26日、瀬高町長田の老松宮と上長田公民館で長田の大銀杏黄葉祭りが開催されました。
高さ約25メートル、幹周り約11.6メートルの大銀杏は、福岡県の指定天然記念物で、樹齢約400年と言われています。
子どもみこしや農産物の販売、惣菜の試食会などが行われ、多くの人が訪れました。
また、銀杏の木の下では水上小学校の児童らも協力し野だてが行われ、訪れた人たちは黄色に色づいた見事な銀杏の下で祭りを楽しみました。
銀杏まつり野だて

過去の記事   
こちらからご覧いただけます。