1. HOME
  2. 市政情報
  3. 主な取り組み・計画
  4. 計画
  5. 都市計画関係
  6. みやま市の都市計画区域のあり方等の検討について
みやま市の都市計画区域のあり方等の検討について 都市計画課   2015年2月23日

【新たなまちづくりの検討】

 平成19年に誕生したみやま市には、瀬高都市計画区域、大牟田都市計画区域(高田町の一部)及びみやま準都市計画区域の3つの区域が指定されており、各区域は異なる都市計画制度によって運用されています。
 このため、3町合併を受けたみやま市の現状を踏まえ、新たなまちづくりの方向性について、「みやま市都市計画マスタープラン」を策定し、目指すべき将来像を描いたところです。その中で、まちづくりの将来像を実現するための一つの方策として、都市計画区域のあり方等の検討を行うこととしていることから、検討委員会を立ち上げて総合的に調査検討を進めてきました。


【検討委員会での検討】

 検討委員会では、人口減少化が進む地方都市であるみやま市の都市計画について、現状・課題・制度を把握しながら審議を重ね、「みやま市都市計画マスタープラン」に描く将来像の実現には、みやま市を一つの都市計画区域とすることが望ましいとの結論に至ったところです。
 その際、都市計画の制度面においては、区域区分(線引き)のある都市計画と区域区分のない非線引き都市計画とが混在しているため、都市計画区域の一体化にあたっては、区域区分の必要性は低いものと考え、「非線引き都市計画区域」とするとともに、区域区分廃止後の土地利用規制やインフラ整備に伴う開発需要への対策としては、「特定用途制限地域」の指定の検討が必要であることを確認しました。


【みやま市の今後の取り組み】

 みやま市では、検討委員会の結果を踏まえ、区域区分の見直しについて、関係機関と協議を進めてきましたが、見直しに必要な都市計画基礎調査の結果や社会経済状況の変化をふまえた総合的・客観的な資料の整理に相当の時間を要するものであることから、関係機関との協議は中断することとし、当面は集落活力の低下など、みやま市の現状を少しでも改善する別の手法(福岡県都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例〔区域指定〕)の検討を進めていきます。