1. HOME
  2. くらし・手続き
  3. 防災・消防
  4. 防災
  5. 生活安心情報
  6. 応急手当の方法
  7. 応急手当の手順〜AEDを用いた救命処置の要領〜
応急手当の手順〜AEDを用いた救命処置の要領〜   
AED(自動体外式除細動器)とは「Automated External Defibrillator」の頭文字を取ったものです。

■応急手当の仕方
1.肩を叩きながら声をかける

2.反応がなかったら、大声で助けを求め、
  119番通報とAED搬送を依頼する
応急手当1

応急手当2



3.気道の確保と呼吸の確認

4.呼吸がなかったら人工呼吸を2回行う
応急手当3

応急手当4
気道確保し、「普段どおり息」をしているかを10秒以内で確認します。

1秒かけて、胸の上がりが見える程度の量を2回吹き込む。
※人工呼吸ができないときは省略できる。



5.人工呼吸が終わったらすぐに胸骨圧迫

6.AEDが到着したら
応急手当5

応急手当6
胸骨圧迫の位置は胸の真ん中。
胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返して行います。
強く・速く・絶え間なく
圧迫解除は胸がしっかり戻るまで!

まず、電源を入れる。
※ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。



7.電極パッドを胸に貼る

8.電気ショックの必要性をAEDが判断する
応急手当7

応急手当8
電極パッドを貼る位置は電極パッドに書かれた絵のとおりに、また皮膚にしっかりと貼ります。
体が汗などで濡れていたらタオルで拭き取ってください。
小児には、小児用パッドを貼ります。
小児用パッドがなければ、やむを得ず成人用パッドを代用します。
(乳児に対してはAEDは使用しません。)

心電図解析中は誰も傷病者に触れてはいけません。



9.ショックボタンを押す

ショックボタン
応急手当9

応急手当10
誰も傷病者に触れていないことを確認したら、点滅しているショックボタンを押します。

以後は、AEDの音声メッセージに従います。
心肺蘇生とAEDの手順は、救急隊に引継ぐか、何らかの応答や目的のある仕草(例えば、嫌がるなどの体動)が出現したり、普段どおりの息が出現するまで続けます。

■年齢区分
成人
8歳以上
小児
1歳以上8歳未満
乳児
1歳未満

■年齢区分における心肺蘇生

心肺蘇生法
人工呼吸
胸骨圧迫
対象
胸骨圧迫:人工呼吸
送気量
送気
時間
送気
回数
圧迫位置
圧迫法
圧迫の強さ
テンポ
成人
30:2
胸の上がりが見える程度の量





乳頭と乳頭の真ん中
両手
4〜5cm
約100回/分

小児
両手または片手
胸の厚さの1/3
乳児
上記より指1本足側
2指

AEDを使用するときの注意事項   
・1歳未満の幼児には使用できません。

・傷病者の胸が汗や水で濡れている場合は、乾いたタオル等で拭き取ります。

・ペースメーカー等が埋め込まれている場合は、でっぱりから3cm程度離してパッドを貼ります。

・パッドを貼る位置に貼り薬がある場合は、貼り薬をはがしてパッドを貼ります。

・ネックレスや貴金属がある場合、すぐに取り外せる場合は外します。

回復体位   
十分な呼吸をしているけれど、意識がはっきりしていない傷病者を、仰向けにしていると、舌が喉に落ち込んで息ができなくなったり、
吐いた物が喉に詰まって窒息する危険があります。

このため、体を横向きにして、空気の通り道を確保し、吐いた物が自然に流れるような姿勢をとらせます。

回復体位の手順
回復体位1


・傷病者の腰の位置に、膝を立てて座ります。
・傷病者の手前の腕を開きます。

回復体位2


・傷病者の肩と腰を持ち、手前に静かに引き起こします。
回復体位3


・傷病者の両肘を曲げ、上になっている手を、顔の下に入れます。
・頭を後ろに反らせ、顎を軽く突き出します。
・口元を、床面に向けます。

回復体位4


・姿勢を安定させるため、上の足の膝を曲げて、腹部に引き寄せます。
回復体位5