1. HOME
  2. 産業・ビジネス
  3. 農林水産業
  4. 農林業者の自衛のための箱わなによるイノシシの捕獲許可について
農林業者の自衛のための箱わなによるイノシシの捕獲許可について 農林水産課   2015年7月16日
イノシシの箱わなによる捕獲期間は10月15日から4月15日までと、福岡県で定められています。しかし、一部対象者は、許可基準に達している人のみ、市町村長の許可を受けて捕獲が実施できます。


●捕獲対象者
 許可対象者は、農林業者(農業基本台帳又は森林簿に登載され、かつ、耕作又は特用林産物の生産をしている者に限る。)であって、次に掲げるすべての要件を具備する者とする。
 (1)わな猟免許を有している者
 (2)過去10年以内に狩猟関係法令に違反したことのない者
 (3)狩猟者共済若しくは狩猟者保険に加入している者又はそれらの者と同等の賠償能力(保険金額3千万円以上)を有する者

●実施区域
 箱わなの設置場所は、農林業者が営農又は営林している土地の地内(現に被害が生じているか、又はそのおそれがある土地に限る。)とする。ただし、被害防除のため必要があると認められる場合は、その周辺の区域であって、イノシシの生息状況及び被害の発生状況を勘案の上、必要最小限の範囲にも設置することができるものとする。
 ここでいう「その周辺の区域」とは、イノシシを効果的に捕獲することが見込まれる茂み、藪、林などのうち、被害地に最も近い場所であって、かつ、1日1回以上の見回り等を確実に行える区域をいう。

●捕獲許可期間
 2ヶ月以内(更新可)とする。

●捕獲許可数量
添付ファイル
自衛のための箱わな(許可の流れ).xlsxを開く,又は保存する 自衛のための箱わな(許可の流れ).xlsx
(XLSX ファイル:32.2KB)