1. HOME
  2. くらし・手続き
  3. 防災・消防
  4. 防災
  5. 住宅用火災警報器について
住宅用火災警報器について 消防本部   
みやま市では平成21年6月1日より全ての住宅に
住宅用火災警報器(煙式感知器)の設置が義務付けられています。


ここ数年の平均では毎年約1000人の方が住宅火災で亡くなられています。
火事が起きてからでは遅いです!

「まさか!」の火事。火災警報器で助かる命があります!



住宅用火災警報器とは
住宅用火災警報器とは火災時に発生する煙、熱を感知して警報音を鳴らし、住民の方に火災の発生を早期に知らせる為の器具です。

警報器が鳴った場合の対処方法
@火災であると確認したとき
 大きな声で周囲や近所に知らせ119番通報し、
 素早く避難してください。
 ※消火可能であるならば、初期消火をしましょう。

A誤作動であったとき
 調理の際に発生した煙等を感知し、警報音が鳴る場合があります。
 その場合は感知器本体に付いている停止ボタンを押す。
 もしくは、紐が付いているタイプは紐を引いて警報音を停止させましょう。

感知器マン
住宅用火災警報器の寿命は約10年です。
住宅用火災警報器は約10年で交換が必要です。
電池の寿命が約10年です。また、内部のセンサー等が古くなり煙や熱を感知しなくなる場合があります。
このため、約10年ごとに新品への交換、または電池交換をお勧めします。

悪質な訪問販売等にご注意ください。
住宅用火災警報器の義務設置化に伴い、
@消防関係機関を装う
A住宅用火災警報器を高額な値段で売りつける
B設置しなければ罰金があると騙す(罰金等はありません!)
このような悪質な訪問販売が発生する場合がありますので、被害にあわないように十分にご注意ください。


さらに詳しい内容は下記よりご確認ください。

10年たったら、とりカエル。(一般社団法人日本火災報知機工業会)(外部リンク)

添付ファイル
住宅用火災警報器を設置しましょう!.pdfを開く,又は保存する 住宅用火災警報器を設置しましょう!.pdf
(PDF ファイル:1230.2KB)


  • AcrobatReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方は、アイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。