1. HOME
  2. 市政情報
  3. 市長の部屋
  4. 市長メッセージ
市長メッセージ   
 
 東に邪馬台国卑弥呼伝説を伝える女山・霊峰清水山を擁し、西を有明海に面するみやま市は、平成19年に山門郡瀬高町、山川町と三池郡高田町の三町が合併して発足した市です。
 市の北部を清流矢部川が貫流し、山と海に囲まれたみやま市は、肥沃な土壌と豊かな水、温暖な気候に恵まれ昔から農業や漁業が盛んで、「みかん」や「なす」「セルリー」「高菜」「海苔」等は全国有数の産地となっております。平成21年には九州自動車道「みやま柳川インター」が開設され、現在は国道443号線バイパスにより有明海沿岸道路と直結し多くの方々にご利用頂き、そのバイパス沿いにある「道の駅みやま」も連日賑わいを見せています。
 みやま市は、全国有数の日照量に恵まれた地の利を生かし、メガソーラーの誘致や、住宅用太陽光発電システム設置に対する補助など、再生可能エネルギーの普及に積極的に取り組んできました。そして平成27年3月、市が中心となり、「みやまスマートエネルギー株式会社」を設立。自治体が中心となって設立した電力売買事業会社として全国から注目を集めています。また、エネルギーの地産地消で地域を活性化させるという取り組みが先駆的であると高く評価され、グッドデザイン賞金賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。
 エネルギーと幸せの見えるまち、美しい自然と人情豊かなみやま市に、多くの皆様がお越し頂くことを心よりお待ち申し上げております。


画像:みやま市長 西原親
みやま市長 西原 親