二川小学校校長あいさつ   
 
 二川小学校校長  大坪 淑子 

 
 二川小学校は、創立明治6年の歴史と伝統ある学校です。明治42年には、旌表旗が授与され地域の誇りとなっています。校区は、武装石人で有名な国指定史跡「石神山古墳」や江戸時代から続く渡瀬祇園祭りなどあり、東部から南部にかけて農産業が営われています。南北に県道やJR鹿児島本線が通り、その付近を中心に住宅が密集し、人や車の往来が盛んで、児童数が増えている校区です。また、学校の北側にある濃施山公園は、四季折々の花々や木々に囲まれた自然豊かな場所で、市内外からも多くの人々が訪れています。
 
 本年度の重点目標として「基礎的な知識・技能を使って、考えを深めていく子ども」の育成を目指しています。知恵、健康・体力、社会性の3つをバランスよく身に付けていく「裾野教育」を展開しながら「みやまの力」を育てていきたいと考えます。
 
 また、本校は、体育科の研究指定を受け「進んで運動・健康に関わり続ける子どもを育てる体育科学習」をテーマとして研究に取り組んでいます。自分が伸ばしたい器械運動や走運動等の克服型の運動領域を中心に「チャレンジ体験」を仕組み、目標を立て見通しをもって集団で学び合いながら、運動の技能を身に付けて次への運動意欲を高めていく子どもを目指す実践を進めています。