江浦小学校取組   
江浦小学校では、本年度の学校の教育目標達成に向けて、三つのチャレンジに取り組んでいます。その一部を紹介します。

チャレンジT(知恵)「学び合い」:毎日の学習で
友達と学び合いながら根拠をもとに自分の考えを伝える」ことを目指しています。子どもたちは、下表の「学び合いのための十ヶ条」から、特に自分でがんばることを目標として決め、日々の学習の中で少しでもできるようになろうと挑戦しています。そして、友達の発言を最後まで聴き、自分の考えを根拠をもって話すことを大事にしています。一学期の振り返りをもとに、二学期のめあてを新たに掲げて挑戦します。
授業
10ヶ条

チャレンジU(社会性)「協働生活体験学習」
私は、リーダーとして、下級生が分かるように教えたり、みんなをまとめたりしたいです。」これは、「協働」を控えて、六年生がたてためあてです。自分が下級生の時の体験を思い出しながら、料理の時、宿題をする時、寝る時などにどのようにするかを見通しをもちながら計画・実行しています。そのことが、自分の学校や家での生活に生きてきています。学期に一回行っている「お弁当の日」の学年に合わせたおかずづくりや縦割り班活動の掃除などに表れてきました。
江浦料理


チャレンジV(健康)「西鉄大牟田線を走ろう
年度当初に、西鉄大牟田線の電車のように大牟田駅から天神駅まで七十五qを走りとおそうというめあてをたてて毎朝挑戦し続けています。体育委員会の合図で、走り始めます。自分の目標に向かって、一年生から六年生まで運動場を五分間黙々と走ります。大牟田駅から蒲池駅まで到達した子どもたちもいます。
江浦