水上小学校校長あいさつ   
 
 水上小学校は、明治22年開校の素晴らしい伝統のある学校です。
 本年度は、児童140名、教職員15名でスタートしました。
 学校の教育目標は、「郷土を愛し、自ら意欲的に学び、豊かな心とたくましく生きる力を持った子どもの育成」です。本年度は、「友達と話し合い、考えを深め、協力して実行する子ども」という重点目標を掲げています。みやま市では、挑戦力を中核にしたみやまの力を育てる裾野教育を展開しています。子どもたちは、これからの学校生活の中で様々なチャレンジをしていきます。多くのことを学び、日々成長を重ねていくことができるよう、全職員が一丸となって教育活動を展開してまいります。
 子どもたちは、あいさつができること、縦割り活動で仲が良いこと、黙想掃除で心を磨いていることを自分や学校の誇り、伝統だと言います。伝統とは、形ではなく心で受け継ぐものです。水上小学校の伝統は、学校と家庭、そしてこの水上の地域社会が一体となって子どもたちをあたたかく見守ってきたからこそ、受け継がれているのだと実感しています。
 今後も、地域と一体となって子どもたちを育む、地域とともにある学校を目指していきます。
 ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

                                     平成30年4月
                         みやま市立水上小学校 校長 野口 易子