宝満神社奉納能楽(新開能)   
画像:「末広がり」
10月17日、県指定無形民俗文化財『宝満神社奉納能楽(新開能)』がまいピア高田で行われました(雨天のため、会場を宝満神社から変更)。
1716年、柳河藩主立花氏が能楽を奉納したことがはじまりとされ、能楽師ではなく高田町北新開・南新開地区の人たちが演じるのが特徴です。
今年は「賀茂」「敦盛」(能)、「末広がり」「附子」(狂言)など、能と狂言合わせて7番組を奉納。
訪れた多くの観客を幽玄の世界にいざないました。