幸若舞(こうわかまい)   
幸若舞
1月20日、幸若舞(国指定重要無形民俗文化財)が大江天満神社(瀬高町大江)で奉納されました。織田信長や豊臣秀吉など多くの戦国武将たちに愛された幸若舞は室町時代に始まったとされます。日本芸能の原点といわれ、歌舞伎や浄瑠璃をはじめ多くの芸能や文化に影響を与えたといわれている幸若舞を見られるのは全国でも大江地区のみです。この日は「濱出」「日本記」「和泉ケ城(一)」「敦盛」「夜討曽我(下)」が上演され、市内外から訪れた多くの観客を魅了しました。