申告相談に必要なもの   
1 税務署から送付されたお知らせはがきや所得税確定申告書など
2 個人番号(マイナンバー)カード、もしくは個人番号通知カードと本人確認書類(運転免許証等顔写真付きのもの)。また、申告書に記載する親族のマイナンバーが分かるもの。
3 印鑑(シャチハタなどのインク浸透印は不可)
4 営業・農業・不動産所得のある人は、収支内訳書や収入金額、必要経費の内容が分かる帳簿など。
5 給与所得や公的年金などがある人は、源泉徴収票。
6 各種控除のために必要な証明書など
・社会保険料控除=納付額証明書や領収書
・生命保険料・地震保険料・国民年金保険料などの控除=各保険料の控除証明書
・障害者控除=身体障害者手帳や療育手帳など
・医療費控除=市の申告会場で申告する人は医療費の集計表と領収書。支払った医療費に対する補てん金や給付金がある場合は、その額が分かるもの。
7 還付申告の人は、還付金の振り込み先に指定する銀行の通帳や口座番号などの控え。