市消防団春季消防演習   
2019.2春季消防演習2
2月24日、みやま市消防団春季消防演習が筑後広域公園および矢部川河川敷で行われました。
この演習は、空気が乾燥し火災が発生しやすいこの時期に毎年行われている訓練で、消防団各分団の連携強化を図り、災害に備えるためのものです。
今年の訓練には消防団員190人が参加。「遠距離中継防御演習」を実施し、指揮命令系統や分団相互の連携の強化などを図りました。
また、演習終了後には、防火パレードを市内全域で実施し、火災予防を呼びかけました。
2019.2春季消防演習