アジア太平洋子ども会議ホームステイ事業   
画像:2019アジア太平洋こども会議
7月17日、アジア太平洋こども会議ホームステイ事業でソロモン諸島の「こども大使」4人と引率者1人が市役所を訪れました。
こどもたちは、「自分たちの国と日本の文化の違いを学びたい」とあいさつしました。
こども大使たちは17日から22日まで同年齢の子どものいる5家庭にホームステイをし、ホストファミリーら関係者によるウェルカムパーティーや、学校登校などを通して交流を深めました。