情報公開制度   
情報公開制度というのは、市がもっている情報を見たいときに、いつでも、開示の請求ができる権利を保障したものです。

※自己に関する個人情報の開示については、個人情報保護制度のページをご覧ください。

みやま市では、「みやま市情報公開条例」を制定し、市の保有する情報が
市と市民のみなさんとの共有財産であるとの認識のもと、情報公開の総合的
な推進を図っています。

◆開示を請求できる人
・どなたでも請求できます。

◆公文書の開示を実施する機関(実施機関)
・市長(水道事業管理者の権限を行う市長を含む。)
・消防長
・教育委員会
・選挙管理委員会
・公平委員会
・監査委員
・農業委員会
・固定資産評価審査委員会
・議会

◆開示の対象となる情報
「公文書」が対象となります。なお、公文書とは実施機関の職員が組織的に
用いるものとして、当該実施機関が保有しているものをいい、電磁的記録等
も含みます。
ただし、以下のようなことがありますので、請求の際にはお問い合わせいただ
くことをお勧めします。

※他の方法で入手が可能な文書は対象外になります。
例)販売用の図書・公報・新聞等や図書館で保管されている図書等

※特定の個人に関する情報や法令等の定めで公にできない情報等、開示をす
ることができない情報もあります。

◆負担していただく費用
公文書の閲覧は無料です。写しの交付を希望される場合は、下記の手数料が
発生いたします。

白黒(A3以下)10円/枚
カラー(A3以下)50円/枚

白黒(A3を超えるもの)実費相当額

その他のものについては、写しの作成に要する実費相当額の負担となります。

◆決定に不服がある場合
請求した情報が開示されない等その決定に不服があるときは、行政不服審査法に
基づく不服申立てができます。
この場合、実施機関は「みやま市情報公開・個人情報保護審査会」に諮問し、その
答申を尊重して不服申立てに対する決定を行います。

<制度を利用する場合>
1.開示請求の方法
情報公開の開示請求は、公文書開示請求書に、下記の事項を記入し、開示を希望する
公文書を保管している課等の窓口へ提出してください。
窓口や記入方法がわからない場合は総務課までご相談ください。

・公文書開示請求書に記入いただく情報
住所、氏名、連絡先、開示請求に係る公文書の件名又は内容、開示の方法
※印鑑や身分証明書は不要です。

公文書開示請求書のダウンロード

なお、申請の受付は上記のほか、郵送又はファクシミリによる方法でも行っております。
※電話や口頭、電子メールでの受付は行っておりません。

2.開示決定について
原則として請求のあった日の翌日から起算して14日以内に開示するかどうかを決定し
、文書にてお知らせします。


開示請求の郵送先・問い合わせ先
〒835-8601
みやま市瀬高町小川5番地 みやま市役所総務課庶務法制係
電話番号     0944-64-1502
ファックス番号  0944-64-1503
電子メール    bunsho@city.miyama.lg.jp