山川中学校   
校章
 みやま市立山川中学校
山川中校舎

校長あいさつ
 本校は、みやま市山川町の豊かな自然と教育力に育まれてきた74年(昭和22年開校)の歴史と伝統ある中学校です。
 生徒にとっては「行きたい、学びたい、楽しい学校」を、保護者の方々にとっては、「安心して子どもを任せられる学校」を、教職員にとっては「山川中学校の職員であることを誇れる(子どもを誇りにできる)学校」を築けるよう努めて参る所存です。
 昨年度は、「子どもの読書活動優秀実践校文部科学大臣表彰」、「とびうめ教育表彰公立学校優秀校表彰」を受ける栄誉に浴しました。この栄誉に恥じぬよう職員一同、さらに力を合わせて向上できるよう取り組んでいきます。
 本校の学校教育目標は、「豊かな心、確かな学力をもつ、たくましい生徒の育成」で、本年度の重点目標 「自他の大切さやよさを認め合い、支え合い、高め合う生徒の育成」です。
 そこで、下記の3点に力を入れ、山川中学校の教育をさらに充実させていきます。

(1)「さわやかなあいさつ」「美しい環境」「思いやりの心」を基底とした「心の教育」に力を入れ、人としてよりよく生きる力を身に付けることができるようにします。
(2)インクルーシブ教育、ユニバーサルデザインの視点をもった授業改善、主体的・対話的で深い学びを意識した授業改善を研究し、学力の向上を図ります。また、朝読書の徹底と地域ボランティアによる視写活動や読み聞かせの取組も継続します。
(3)生徒会活動に主体的に関わらせ、学校行事等で生徒がもっている創造力や企画力を存分に発揮させ、達成感や有用感を味合わせます。また、部活動を充実させ、一所懸命に取り組むことで心技体を高めるとともに集団生活におけるルールやマナーを身に付けながら、生きがいや充実感をもつことができるようにします。

 保護者の皆さまをはじめ、地域の皆さま、関係機関の皆さまのご支援とご協力をよろしくお願いします。

                        みやま市立山川中学校 校長 新谷 浩二

学校紹介
山川中学校紹介

学校アピール
 山川中学校は、みやま市が推進している裾野教育を充実させるために、次のような活動を実践しています。

知恵
 ◯ 授業では、生徒に「自分の考えを持ち、相手に伝える」場を設け、学習目標を明確に持たせ、書かせることを重視しています。
 ◯ ノートを工夫させる指導や新聞記事の視写等を通して、書く力を育成しています。
 ◯ 家庭と連携して、家庭学習の充実を図っています。
 ◯ 授業や総合的な学習の時間等に、地域ボランティアの方々の支援を受けています。

社会性
 ◯ 生徒の主体的学校生活の向上を目指して生徒会活動の充実を図っています。生徒会スローガンは、「飛躍〜未来に羽ばたくためにチャレンジ〜」、行動目標は、「自分から、大きな声で、相手の目を見てあいさつ」です。
 ◯ 自然体験、職場体験、芸術鑑賞体験等の体験学習の充実を図っています。
 ◯ 体育祭、合唱コンクール等、生徒の主体性を大事にした感動ある学校行事を実施しています。

健康
 ◯ 運動意欲を持たせるために、保健体育科では目標を設定し技能習得を図る工夫をしています。
 ◯ 生徒全員が部活動に参加して、一人一人が目標にむかって努力をするよう指導しています。
 ◯ スマホ等により心身の健康被害がでないように、保護者と連携をして取り組んでいます。
合唱コンクール

山川中学校校歌
作詞 平田 邦彦  作曲 木下 行夫

1 小牧の山の空遠く
  輝く光仰ぎみて
  学ぼう永遠に世を照らす
  不滅の真理求めつつ
  輝け山川中学
                       
2 飯江の流れ水清く
  希望にあふれる胸を張り
  歌おう高く山川の
  やがて海なす大理想
  轟け山川中学

3 歴史も遥か耶馬台の
  古里人の鍬の跡
  築こういやも美しく
  平和に開く新文化
  伸びよ山川中学


校長     新谷 浩二
教頭     田口 真由美

生徒数    146名(令和2年4月1日)
学級数    8

〒835−0101
福岡県みやま市山川町尾野1690
TEL 0944−67−0743
FAX 0944−67−3174