救急車の利用について 消防本部   

救急車の適正利用について

救急車
 救急車の出動件数が年々増加する中、緊急性の低い出動要請も増えています。
 本当に救急車が必要なときに、一刻も早く救急車が現場に到着できるよう、「救急車の適正利用」をお願いしています。
 救急車は、ケガや病気などで緊急を要する傷病者のためにあります。
 緊急性のないときに救急車を要請すると、消防署に救急車がいなくなるため、本当に救急車を必要とする事故が発生すれば、到着が遅れ、救えたはずの命が救えなくなることがあります。
 緊急性がなく自分や家族の協力で病院に行ける場合は、自家用車や公共交通機関をご利用下さい。
適正
 全体の搬送人員の約40%以上が軽症であることが下のグラフからわかります。
 軽症の内、結果として救急車による搬送を必要としなかったケースも見受けられます。
適正

お願い