みやま市企業誘致報奨金制度   
■仲介者(誘致推進員)による進出企業の情報提供や誘致交渉で誘致に成功した場合、報奨金を交付します。

報奨金イメージ

【誘致の対象となる企業】
 「みやま市工業等振興促進条例」における指定を受けることができる者とします。

【誘致推進員】
 市長の認定を受けた方は個人、法人を問わず、「誘致推進員」になれます。ただし、次のいずれかに該当する方は除きます。
(1) 自らが事業主である企業又は所属する企業の誘致に関する情報の提供を行おうとしている者
(2) 指定暴力団等及びその構成員(準構成員を含む。)
(3) 市が既に誘致交渉を行っている企業又は他の誘致推進員が既に情報提供を行っている企業を対象とする者
(4) みやま市議会議員又はみやま市職員である者のほか、市長が誘致推進員として不適当と認める者
 
◆次の項目を遵守してください。
 1 誘致活動に関して知り得た情報を他に漏らさないこと。
 2 企業や関係者との交渉において苦情、紛争等が生じたときは、自らの責任において処理すること。
 3 誘致活動に関して不正又は不当な行為を行わないこと。
 4 必要に応じて誘致活動の進捗状況を市長に報告すること。
 5 誘致活動に要する経費は、誘致推進員の負担とします。

◆誘致対象企業が立地し、企業が操業開始に至った場合、次の報奨金が支払われます。
(1)立地企業の土地、建物及び償却資産にかかる設備投資額の0.5%に相当する額
(2)賃借の場合は、当該土地、建物及び償却資産にかかる貸付料1か月分に相当する額
  ※限度額 (1)+(2)=1,000万円


 詳しくは「みやま市企業誘致報奨金制度」をご覧下さい。
添付ファイル
みやま市企業誘致報奨金制度要綱.pdfを開く,又は保存する みやま市企業誘致報奨金制度要綱.pdf
(PDF ファイル:117.7KB)


  • AcrobatReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方は、アイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。