地勢   
 みやま市は福岡県の南部に位置し、一部が熊本県と接した地域です。東部には御牧山、清水山などの山々が連なっています。西部には有明海の干拓によって開かれた広大な低地が広がり、全体として平坦な田園地帯となっています。

 市の北東から南西へ向けて一級河川の矢部川が流れており、地域は有明海に接する矢部川下流域の左岸側に位置しています。この矢部川を中心に、支流である飯江川や大根川などの河川が地域内を流れています。これらの河川がもたらす肥沃な土壌と豊富な水に恵まれたこの地域は、自然豊かな農業のまちとして発展してきました。

 市の面積は105.21キロメートルです。土地利用の特徴は森林面積が比較的小さく、耕地が大きいことが特徴として挙げられます。福岡県全体の耕地比率が約17%であるのに対し、みやま市は43%、同じく県の森林面積比率が約45%であるのに対し、みやま市は21%となっています。

土地利用の状況

みやま市
福岡県
面積
(平方キロメートル)
105.21
4,986.40
人口密度
(人/平方キロメートル)
388
1,019
耕地
(%)
42.60
17.03
宅地
(%)
9.21
14.07
森林
(%)
20.89
44.55
(資料)「福岡県市町村要覧平成27年版」