幸若舞   
画像:幸若舞
幸若舞(こうわかまい)

 幸若舞は五穀豊穣を願い奉納される日本最古の舞楽です。
 発祥の地福井県越前町でも途絶えて久しく、日本芸能の原点といわれる幸若舞を見られるのは全国でもここだけ。
 すでに700年の伝統を持ち織田信長も愛したといわれ、現在も大江地区で大切に伝承され続けています。

■開催日 平成29年1月20日(金曜)
■時間 開会式=午前11時30分〜、開演=正午
■場所 大江天満神社舞堂(みやま市瀬高町大江1488)
■演目
一、日本記(にほんき)
二、安宅(あたか)(下)
三、高館(たかだち)(上)
四、夜討曽我(ようちそが)(上)
五、和泉ヶ城(いずみがじょう)(三)
■交通情報 九州自動車道「みやま柳川インターチェンジ」から車で約5分、または、JR鹿児島本線「瀬高駅」から徒歩約20分

お問い合わせ先
みやま市教育委員会 社会教育課 市史編さん係
電話 0944―32―9183(直通)
FAX 0944―32―9192

添付ファイル
幸若舞ポスター.pdfを開く,又は保存する 幸若舞ポスター.pdf
(PDF ファイル:1171.8KB)
映像 和泉ケ城.MOVを開く,又は保存する 映像 和泉ケ城.MOV
(MOV ファイル:78009.5KB)


  • AcrobatReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。