年金 健康づくり課      
 年金制度は、老後や障害の状態になった場合の基礎的な生活を終身にわたって確実に保障することを目的としています。
 国民年金、厚生年金、共済年金の3種類があり、市役所では主に国民年金第1号被保険者に関するお手続きの受付をします。
制度
対象者
国民年金
日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
(第1号被保険者)
自営業、学生、フリーター、無職の人など。
(第2号被保険者)
厚生年金の適用を受けている事業所に勤務する者であれば、自動的に国民年金にも加入します。(ただし、65歳以上で老齢年金を受ける人を除きます。)
(第3号被保険者)
第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人をいいます。ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはなりません)
厚生年金
厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人。
共済年金
公務員・私立学校教職員など。

国民年金届出 健康づくり課      
【こんなときには国民年金の届出を!】
●20歳になったとき(厚生年金・共済年金の加入者は除く)
●配偶者(第2号被保険者)の扶養から外れたとき(収入増、離婚など)
●厚生年金・共済年金をやめたとき(扶養されている配偶者も)
●任意加入するとき、やめるとき
●付加保険料の納付申出・辞退の申し出をするとき
●保険料の免除・猶予・学生納付特例の申請をするとき

注1)会社員の配偶者など(第3号被保険者)の届出は、配偶者の勤務する事業所を経由して、年金事務所に提出してください。
注2)届出の際には、基礎年金番号のわかるもの(年金手帳など)または、マイナンバーのわかるもの(マイナンバーカード・マイナンバー通知カードなど)本人確認のできもるの(運転免許証など)が必要です。(代理人届出の場合は、印鑑も必要です)

保険料 健康づくり課      
【国民年金保険料の払い込みは?】
加入手続き後、3〜4週間で日本年金機構から納付書が送られてきます。保険料は、全国の銀行・郵便局・信用金庫・信用組合・農協・漁協・労働金庫・コンビニエンスストア(一部を除く)で納めることができます。
また、納め忘れがなく、保険料が割引かれる口座振替や前納制度もありますので、ぜひご利用ください。

【保険料を納めるのが困難な場合】
経済的な理由などで保険料を納めるのが困難な時は、申請して承認されると保険料が免除になる保険料免除制度や学生納付特例制度のほか、納付猶予制度があります。支払いが困難な時はご相談ください。


受給手続き 健康づくり課      
【こんなときには受給手続きを!】

こんなとき
手続きの種類
国民年金の加入条件等
手続き窓口
65歳になったとき
老齢基礎年金の
受給手続き
第1号被保険者期間のみ

(1)
(2)
(1)…健康づくり課または支所の市民サービス係


(2)…日本年金機構
    大牟田年金事務所


第3号被保険者期間等もある場合
(2)
障害の状態に
なったとき
障害基礎年金の
受給手続き
障害の初診日に第1号被保険者の場合
(1)
(2)
20歳前に障害の状態になった場合

(1)
(2)
障害の初診日に第3号被保険者の場合
(2)
死亡したとき
死亡一時金
遺族基礎年金
遺族厚生年金
寡婦年金
未支給年金
などの受給手続き
年金加入者
加入されていた年金制度や期間等によってお手続きやお問い合わせ先が異なります、(1)(2)のほか加入されていた年金の保険者にお問い合わせください。
年金受給者

注1)手続きの内容により窓口が異なりますので、ご確認ください。
注2)年金を受け取るためには一定の要件があり、上記に該当する方がすべて年金を受給できるとは限りませんので、詳しくは各手続き窓口にお問い合わせください。


問い合わせ:
市役所健康づくり課(пF0944・64・1529)
市役所山川支所市民サービス係(пF0944・64・3100)
市役所高田支所市民サービス係(пF0944・64・2100)
日本年金機構大牟田年金事務所(пF0944・52・5294)【大牟田市大正町6-2-10 】
※ご相談の際には、年金手帳、年金証書、マイナンバー、印鑑などをお持ちください。
※代理の方が相談される場合は、委任状が必要です。