1. HOME
  2. くらし・手続き
  3. 防災・消防
  4. 消防
  5. 消防からのお知らせ
  6. 救命士の気管挿管・薬剤投与実習の協力依頼
救命士の気管挿管・薬剤投与実習の協力依頼   
これまでにも、救急救命士には「3つの特定行為」が認められていましたが、更なる救命率向上を目指し「2つの救命処置」ができるようになりました。
しかし、それには学科教育終了後、病院での実習が必要となります。

気管挿管実習では、麻酔科の医師に指導を受けながら、最低30症例の実習が必要です。
「気管挿管」とは、口から肺につながる気管に直接チューブを入れ、最も確実に空気の通り道を確保する方法です。

気管挿管は、手術に対して日常的に行われ、全身麻酔に必要な手技で、挿入時の患者さんの苦痛はありません。

皆さまのご理解とご協力をいただきまして、手術の際には、安心して救急救命士にお任せいただきますようお願いします。