水道管の凍結にご注意ください 上下水道課   2017年2月10日
冷え込みが厳しくなり気温が氷点下になると、水道管や蛇口が凍って水が出なくなったり、膨張して水道管が破裂したりすることがあります。
平成28年1月の大寒波により、全市的に断水や減圧給水を行い皆様に大変ご迷惑をおかけいたしましたが、これは、ご家庭の水道管が多数破裂したことによる漏水が原因でした。
そのため、本格的に寒くなる前に凍結防止の対策を行い、水道管の破裂を予防しましょう。

1.水道管の凍結を防止するために

(1)屋外の凍結防止策
屋外に配管されている水道管や、家の北側や日かげ、風当たりが強い場所にある水道管には、布や発泡スチロールなどの保温材で保護しましょう。
また、量水器(メーターボックス)の中に、タオルや布、発泡スチロールなどを詰めるだけでも保温対策ができます。その際は、メーター検針ができるようにメーターのフタは覆わないでください。

(2)夜間の凍結防止策
蛇口から一筋の水を流しておく方法も有効です(水量に応じて料金がかかります!!バケツ等にため、洗濯や風呂などにお使いください)。

2.それでも凍結したり、破損してしまったら

(1)凍結して水が出ないとき
自然に溶けるのを待つか、蛇口を開け水道管や蛇口にタオルや布をかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけてください。
※急に熱湯をかけたり火であぶったりすると、破裂・損傷・火災の原因になりますので、絶対にしないでください。

(2)破損してしまった場合
凍結した時に水道管が破損していた場合は、気温が上がって自然に溶けた時に水が漏れ出すことがあります。その場合は、メーターボックス内にある止水栓を回して水を止めてから、みやま市指定給水装置工事事業者(PDF ファイル:108.8KB)に修理を依頼してください。

このページに関するお問い合わせ

発行部署:建設都市部/上下水道課

〒835-8601 みやま市瀬高町小川5番地

電話番号:0944-64-1533 / FAX:0944-64-1534

お問い合わせフォーム