収入基準の計算方法 都市計画課   2012年4月3日
STEP1 世帯の所得金額を合計する
  ※給与所得者の場合:源泉徴収票又は所得課税証明書の給与所得控除後の金額
  ※給与所得者以外の場合:市町村発行の所得課税証明書の所得金額
  ※平成23年1月2日以降に就職・転職又は事業を開始した場合は、「勤務証明書」(別紙)又は「事業所得証明」の記載内容により所得金額を算出しますので、受付後10日以内に提出してください。

入居者
収入金額
所得金額






@世帯の合計所得金額




STEP2 控除金額を求める
控除の種類
控除額
(1人当り)
人数
控除計
イ)扶養親族及び同居親族控除
(本人を除く扶養親族数)
38万円


ロ)老人扶養控除
(70歳以上の扶養親族)
10万円


ハ)特定扶養控除
(16歳以上23歳未満の扶養)
25万円


ニ)寡婦・寡夫控除
(所得が27万円以下はその額)
最高27万円


ホ)特別障がい者控除
(重度1級2級の障がい者)
40万円


ヘ)障がい者控除
(上記以外の障がい者)
27万円


A控除額の合計




STEP3 所得月額を求める
 (年間所得月額(STEP1の@の額)−控除合計額(STEP2のAの額))÷12=所得月額


参考(収入基準早見表)

 給与・年金所得の場合の年間総収入(源泉徴収票の支払金額欄)からの早見表
(給与・年金所得の人が1人で、同居親族及び扶養親族(STEP2のイ)欄以外の控除がない場合

 ※下記金額はすべて当該金額以下を示す

申込者以外の同居親族及び扶養親族の数
0人(単身)
1人
2人
3人
4人
給与収入世帯
2,967,999円
3,511,999円
3,955,999円
4,471,999円
4,947,999円
年金収入世帯
3,028,015円
3,534,682円
4,041,349円