1. HOME
  2. 産業・ビジネス
  3. 農林水産業
  4. 中山間地域等直接支払交付金の実施状況について
中山間地域等直接支払交付金の実施状況について 農林水産課   2017年4月7日
○中山間地域等直接支払制度とは?

 中山間地域は、河川の上流に位置し、傾斜地が多いなど厳しい立地条件となっていますが、そこで農業が営まれることにより、水源かん養、洪水防止などの多面的機能が維持され、下流域の都市住民を含む多くの国民の生命と財産、豊かな暮らしを守っています。
 しかしながら、中山間地域では不利な農業生産条件と高齢化が進むなかで、担い手の減少や耕作放棄地が増加しており、地域がもつ多面的機能の低下が心配されています。
 このため、中山間地域において、農業生産の維持を図りながら、多面的機能を確保するという観点から、平成27年度より第4期目となる「中山間地域等直接支払制度」がスタートしています。
 この制度により耕作放棄地の防止や共同機械の購入など集落に様々な効果をもたらしています。

◆傾斜農地等の10aあたりの交付単価
地目
区分
勾配
10割単価
8割単価

急傾斜
1/20以上
21,000円
16,800円
緩傾斜
1/100以上 1/20未満
8,000円
6,400円

急傾斜
15度以上
11,500円
9,200円
緩傾斜
8度以上 15度未満
3,500円
2,800円

◆中山間地域等直接支払交付金の実施状況について
 中山間地域等直接支払交付金実施要領第12の規定に基づき、平成28年度のみやま市における中山間地域等直接支払交付金の実施状況について公表します。

◎みやま市における協定農用地基準ごとの実施状況
地目
区分
面積(u)
交付額(円)

急傾斜
323,144
6,429,986
緩傾斜
491,690
3,789,589

急傾斜
2,805,474
29,526,791
緩傾斜
92,258
305,490
合計
3,712,566
40,051,856
添付ファイル
集落協定の締結状況(H28年度).pdfを開く,又は保存する 集落協定の締結状況(H28年度).pdf
(PDF ファイル:37.2KB)
集落活動実施状況(H28年度).pdfを開く,又は保存する 集落活動実施状況(H28年度).pdf
(PDF ファイル:38.9KB)


  • AcrobatReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方は、アイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。