○みやま市ごみ収集袋取扱報償金交付要綱

平成19年1月29日

告示第42号

(趣旨)

第1条 この告示は、市がごみ収集袋の取扱者に対し、ごみ収集袋取扱報償金(以下「報償金」という。)を交付するために必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示における用語の意義は、次のとおりとする。

(1) ごみ袋 市がごみ処理手数料を徴収するために作成し販売する収集袋をいう。

(2) ごみ袋取扱者 前号に規定するごみ袋を取り扱う商工会、みやま市清掃組合、区長及び女性団体等をいう。

(平30告示110・一部改正)

(取扱者の指定)

第3条 市長は、ごみ袋取扱者(以下「取扱者」という。)を指定することができる。

(報償金の額)

第4条 報償金は、取扱者が取り扱ったごみ袋(販売した数とする。)の代金の5パーセントに相当する額とする。ただし、10円未満は切り捨てる。

(交付の時期)

第5条 報償金の交付は、取扱者が取り扱ったごみ袋の代金を市に納入した日以降とする。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成19年1月29日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、解散前の収集袋取扱報償金交付規程(昭和53年瀬高町外二ヶ町衛生組合規程第1号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成30年8月1日告示第110号)

この告示は、平成30年8月1日から施行する。

みやま市ごみ収集袋取扱報償金交付要綱

平成19年1月29日 告示第42号

(平成30年8月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成19年1月29日 告示第42号
平成30年8月1日 告示第110号